fc2ブログ

伝統的食文化を提供してくれる飲食店/居酒屋を応援しよう

あなたは居酒屋や飲食店は好きだろうか?筆者は自分で簡単な料理なら作るが、やはり手間暇のかかる料理を作ってくれる飲食店や、希少な珍味を取り寄せて提供してくれる居酒屋が大好きだ。

日本ほど、四季折々の食材を楽しめる国は少ないように思う。「こんなものまで食べるの!?」といった食材を居酒屋は提供してくれる。季節の新鮮なものを提供してくれる居酒屋は、いわゆる「チェーン店展開」していない居酒屋に多い。中には、ある程度の経営の規模を維持するために、小規模チェーン展開をしつつも、それは「牛の一頭買い」などを行って値段を下げたり希少部位まで提供することを可能にするためにやっているところもあるため、一概にチェーン店があることがダメなわけではないので注意が必要だ。

季節ごとの新鮮な食材を最高の状態で仕入れ、それを最高の料理でもてなしてくれる。料亭であれば、そのような最高の料理を高額のお金を払えば堪能することが出来るのだが、日本の居酒屋の中には、そのような凄い食材を低価で提供してくれるところもあるのが驚きだ。筆者はそのような居酒屋を全力で応援して守らなければならないと思い、日々通っているのだ。

筆者は様々な記事を通じて、「世界全体で統一した統治の流れ、いわゆる、グローバリズムに抵抗しなければ、あらゆる個性が消され、何の味気もない家畜として生かされるだけの奴隷生活が待ち受けることになる」と警告しているが、グローバリズムの波に飲み込まれれば、真っ先に居酒屋もなくなるだろう。

普段は政治に興味のない人が、残念ながら日本には多く、大半の日本人は「政治なんてどうでもいい。よくわからないし、どうせわかったとしても何も変わらないだろう。」と考えている。だが、一見、遠いようで政治を知ることは、愛する居酒屋文化を守ることでもあるのだ。

日本には、年々破壊される魚の生息地を守ろうとして地道な活動をしている人が居る。希少で価値の高いフルーツを守るために地道な活動している人が居る。食というテーマ一つをとっても、実は日本が世界の中で群を抜いて恵まれた環境を持っていて、そのような環境を守っていかないと今にもなくなろうとしているという現実を知ることになる。

街に出て居酒屋に行き、感動的な一品に出会い、感動的な一杯に出会う。そしてそんなひと時を大切な人と過ごしたり、誰かと出会うきっかけになったり、仲間の絆を強める時間になったりする。居酒屋文化こそ、日本人全員が大切にしている文化だと思うのだ。

街に出て居酒屋に行き、食に感動して日本の素晴らしさを感じる。その事だけでも、日本という祖国を大切にしようという気持ちが生まれる。

街に出て居酒屋に行こう。


スポンサーサイト



テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

TAG : インテリジェンスプロパガンダ居酒屋食文化

日本企業は顧客サービスレベルが世界一と言われる一方、日本人は世界一のクレーマーと言われていることをご存じか?

あなたは海外に行って食堂やレストラン、喫茶店でサービスを受けたことがあるだろうか。日本でしか、食堂やレストラン、喫茶店でサービスを受けた経験がない人にとっては日本のサービスレベルが当たり前だと思っている人もいるのではないだろうか。

海外に行くとまず、笑顔はタダではない。では、お金を払えば笑顔を見せてくれるかと言うと、そういうわけではない。例えば、フランスではほとんどのレストランや喫茶店では店員は無表情だ。ビックリするくらいしかめっ面で対応をしてくれるし、「別にうちの店で飲み食いしてくれなくて良いよ」という顔をしている。確かにフランスのシステムでは客が増えようが減ろうが、彼らの給料は変わらないことが多いので、「どうせなら帰ってくれた方がありがたい」というくらいなのかもしれない。これが、2つ星や3つ星レストランに行けば、初めて笑顔で給仕してくれるようになるので、「やっぱり、お金を払わないと笑顔をくれないのか」とも思えてしまう。

その一方で、日本ではサービス業では特に、「お客様に笑顔になっていただけることが何よりもの喜びです」というかのような、サービスを展開してくれる店が多い。最近では外国人が給仕をする店が増えてしまったため、そういう店は例外とさせていただきたいが、日本人が給仕をする店のサービスの高さがとても高いと筆者は感じる。筆者が個人的に良く行く店などでは、店に入った瞬間に給仕さんたちからはまるで友人のような挨拶と歓迎を受け、厨房からも温かい言葉を受けることさえある。

サービスに対するもてなしの心は単に近年で身に付いたようなものではなく、日本の歴史的なものだと感じる。これは日本人が世界に誇れる文化的なレベルの高さであると自信を持つべきであると筆者は思う。

ただし、日本ではサービスレベルが高い以上に、クレームレベルが高いのをご存じだろうか?しかも近年は単なる嫌がらせのクレームをするような、ハラスメント的なクレームをする者も増えたようで、その点は筆者はとても残念に思っている。

クレームレベルが高いとはどういうことかと言うと、日本人の中には「もっとこういう高いレベルのサービスを受けたい」という要望を企業側に出すことが外資系企業よりも多い。その多くは、要求レベルが高過ぎて、しかも細かすぎるために、一般的な外資系企業であれば、「そんなことまで、できるか!」レベルで断られてしまうようなものも多かったりするが、逆に、その要求レベルにこたえることが出来るようになれば、最もサービスレベルの高い企業になるというような内容でもあったりするのである。実際に、外資系企業が求めないような細かいリクエストを日本企業だけが出し続けた結果、それにこたえることが出来た企業がその業界を結果的に独占的な支配力を獲得出来てしまったものさえあった。

クレームすることが悪いわけではない。ただ、日本人は世界の中で極度に厳しいクレーマーであることは自覚しておいた方が良いのではないだろうかと思うのである。


テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

TAG : インテリジェンスプロパガンダサービスクレーム

オランダの下院議会選挙で保守派が大勝利して保守派の首相が誕生した!

世界中で「食料危機だ!」と言われ続けているにも関わらず、世界第二位の農業大国のオランダルッテ首相は「オランダ農業の半分を停止させて地球環境問題に貢献する」という政策を強行した。オランダ人は穏やかで優しい人が多いにも関わらず、多くのオランダ人を怒らせ、オランダの全農家がトラクターに乗ってオランダ政府に抗議活動をして、それをオランダ国民が応援した。

それにもめげずにオランダの農業を本気で破壊し続けたルッテ元首相は、ダボス会議からは大絶賛の声が送られたが、オランダ国民からは総スカンを喰らってしまったのだ。

オランダ国民は国を挙げて、国を破壊する極左筆頭のルッテ首相に対して強烈な反対運動、抗議活動を続けていたが、選挙と言う手段によってルッテを首相から引きずり下ろすという結果を残した。2023年11月22日に行われたオランダ下院議会議員選挙の結果、ルッテ現首相は大敗し、保守派で自由党のゲルト・ウィルダースが勝利して新たなオランダの首相となることが決まった。オランダの嘘つきな大手メディアはウィルダースを「極右」だとか、「オランダのトランプだ!」などと散々悪口を掻き立てたが、オランダ国民はウィルダースを選んだ。加えて、ウィルダースが率いる党は150議席中、37議席を獲得し、ダントツトップの政党へと躍進した。

ダボス会議の優等生であったルッテ政権が敗北した一番の理由は、ルッテ政権によるオランダを破壊する移民政策に対する、オランダ国民のNOだった。その他にもルッテ政権は、物価の高騰(インフレ)を助長し、いい加減なヘルスケア政策を展開し、移民者を中心とした治安の悪化問題を放置してきた。

それに対して、ウィルダースはオランダの治安を悪化させている主な原因となっている北アフリカのイスラム教徒に対して、「コーランはファシストの本だ!」「オランダではモスク(イスラム教の教会にあたる)やイスラム学校を禁止する!」という過激な発言を突き通してきたところ、そのウィルダースをオランダ国民は選んだのだ。

ウィルダースは現在、移民を受け入れない、EUを脱退するといった政策を宣言している。ヨーロッパ諸国が破壊されている諸悪の根源は、これら二つの政策があるからだが、今後のオランダの動きに注目したい。

オランダ国民はこのように、オランダという国を破壊するルッテ元首相に対して明確なNOを突きつけ、オランダという自分たちの国をオランダ人のためになる政策を推し進めてくれる指導者を選んだのだ。

オランダにはもともと愛国保守政治家は少なかったが、現在のオランダという国の危機に対して多くの愛国者が立ち上がった。このオランダの変わり方ほどに日本も変われていけるかが、現在急速に滅びゆく日本の運命を決定づけることになるだろう。


テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

TAG : インテリジェンスプロパガンダオランダルッテウィルダース農業

多様性を認めるにも限度がある:イスラム教の教義を全て認めたらどうなるか

多様性」という言葉がどのような陰謀によって世界の支配者たちに利用されているかはさておき、われわれは古くから多様性を認めて生活してきた。

多様性を認めないというのはひいては、一つの価値観しか認めず、唯一許される価値観を決めるために争いが起き、多くの血が流れた後に価値観が決まった後は、逆らう者は殺され、あるいは完全服従を求められることになる。多様性が認められない世界の究極の姿とは、共産主義独裁体制そのものであり、表現の自由や思想信条の自由は一切認められない世界となってしまうのだ。

日本人は一般的に日本国憲法の精神にある通り、思想信条の自由を理解し、認め合っている。誰が何の宗教を信仰しようが自由であり、干渉しない。それが多くの人々が調和して自由に生きていける方法だ。

だが、その理想に上手くそぐわない宗教がある。それがイスラム教だ。

イスラム教はそもそも民主主義とは相いれない。しかも、イスラム教徒はどの国に行っても、自分たちのイスラム法を滞在国の法律よりも優先するため、やって良いことと悪いことの基準が一致しないことも多い。特に最悪なのは、イスラム教原理主義者の場合は「イスラム教徒以外の異教徒は皆殺しにせよ」というイスラム教の教義を発動しかねない危険性があることだ。近年、日本各地で神社仏閣などがイスラム教徒によって破壊される事件が相次いでいるが、その際に「神の名に従っただけだ」として罪の意識を感じていないのも、そのためだ。

岸田文雄を始め、近年のわが国の国家元首たちはしきりに「外国人を受け入れて多様性を認めよう」などとのんきなことを言っているが、そもそも日本人の多くは外国人よりも自己主張が弱く、外国人が本気で「俺たちの文化を受け入れろ!多様性を認めると言っただろ!」と強硬してきた時に日本人が自国文化を守れる保証はない。既に北海道、沖縄、大阪などの一部地域を見れば、多数派となった外国人の意のままにされている地域では多数派の空気に流されるがままとなっている状況が存在することから、それらの地域は日本の未来予想図のようなものだろう。

多様性を認めて、自分たちとは異なる民族、異なる文化を受け入れるのが良いこともあるだろう。だが、それは必要なことなのではなく、自国文化を十分に守れて、自分たちの主張が十分にできるという条件がそろった状態で、自分たちが相手の文化を受け入れるかどうかを相手と十分に対等に話し合った結果、自分たちが自ら受け入れようと思った場合に限られる。自分たちの文化を守る体制や対等に話し合えるような状況などもないまま、自分たちの文化の事などを一切考えずに、「ただただ異文化を受け入れろ」という命令に従って異文化を受け入れるのは、グローバリストが進める多様性という文化破壊工作にやられているにすぎないのである。


テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

TAG : インテリジェンスプロパガンダ多様性イスラム

重要な歴史教育が日本では他国と大きく異なっておかしなことになっている

歴史を学ぶということは過去の実際の出来事を学ぶことであり、今とは関係のない昔話を学んでいるわけではない。「日本の四方八方の国々が日本の敵となって攻め込んで来たらどうするか?」「もし、日本がどこかの国の属国になってしまったら、その後の未来はどうなってしまうか?」などは、必ず過去にどこかの国が経験していることであり、歴史を学ぶことで「こうやって生き抜いた国があった」とか、「こういう選択をした国は全て滅びてしまった」という事を歴史は教えてくれる。「歴史は古い話だから興味がない。どうせなら、今のことが知りたい。」という者も多いが、歴史は現在の社会情勢に関しての答えをいち早く与えてくれるものである。

そのように重要な歴史教育だが、世界各国ではその国の建国の成り立ちや建国の精神が、まず最初に語られた上で、それを基礎として様々な事が語られる。だが日本の歴史教科書ではいきなり「人間は猿から進化しました」と、実際に人間は猿から進化したのかどうか、判明もしていないことから話が始まる。そして次には世界で最も誇るべきであるはずの縄文文化を安っぽく短く表現される。その後の歴史は歯切れの悪い出鱈目が続き、古墳時代前後は急に時代が飛ぶなどして、かなり後の天皇が教科書に登場する始末だ。

「卑弥呼という女性が国を治めた邪馬台国という国が・・・」という記述がかならずなされており、「卑弥呼」という字をみれば日本人であれば卑しく身分の低い者とすぐに判断できるような名前の者が国を治めたという違和感と、国の名前に「邪」という忌まわしい文字が入れられていることに違和感を感じるはずだ。「卑弥呼」という文字は日本のどの古代文献にも、この字は残っておらず、「卑弥呼」の「邪馬台国」として紹介しているのは、歴史を嘘で塗り固めた中国の「魏志倭人伝」のみであり、わが国の歴史教科書は「魏志倭人伝」のような書物のみで歴史の「ひみこ」の時代を紹介しているのである。

その後の時代の記述についても、日本の歴史教科書は歴史的背景をほとんど説明しておらず、嘘の説明も多いのが実情である。歴史的背景を学ばず、ただただ、「何年に何があった」「何年に何ができた」などと、事実のみを記憶することは歴史を学んだことにはならない。

今や、戦前生まれの人は少なくなり、戦前の歴史教科書で歴史を学んだ人はほとんど居なくなってしまったが、戦前の歴史教科書では日本の成り立ちは神話であり、神話の時代から現在の天皇につながる国として現在の日本があるという、日本の国としての根幹の話が最初にあった。このような話こそが、歴史教科書にとって重要なのであり、今の歴史教科書は戦後すぐにアメリカの占領軍GHQによって情報統制された時の体制と何も変わっていないのだ。

歴史を勉強するときに「神代の時代からの系譜を受け継ぐ天皇陛下が日本を統べているのですよ」と最初に教えられるのと、「人類はサルから進化して、なんとなく縄文人というショボいのがいて、弥生文化と言う素晴らしいものが中国から入って来て、天皇がぽっと出て来たんですよ」と最初におしえられるのとでは、自分の国の歴史に対する思いが大きく変わるはずだ。

歴史を学ぶことで重要なのは、自国がどのような点で誇ることのできる国なのかと言うことを知ることと、過去の歴史にはどのような背景でどのような事件が勃発して、その結果、どのような結末に至ったのかを学ぶことである。現在の日本の歴史教育には、そのどれしもがなくなってしまったのである。


テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

TAG : インテリジェンスプロパガンダ歴史教育歴史教科書

岸田文雄が7回目のコロナワクチンを接種したんだって?どういうことか検証してみよう!

岸田文雄の売国政策に歯止めがかからない。国民がどんな要望をしても、「検討に検討を重ね、慎重に慎重な議論を重ねて、引き続き検討していきたいと強く思う決意をしたいと強く思います」という謎の返答をするのが岸田文雄だ。

時の政権の美辞麗句ばかりを並べる大手メディアでさえ、最近は支持率が2割を下回りそうな勢いまで低下している。筆者の感覚では支持率はいつも100倍増しにされているので、実際の支持率は0.2%か0.02%程度だと思っているのだが、どうだろうか。

岸田文雄は故安倍晋三元首相が存命であった時には、反対派閥もあったことから、基本的に何があっても「検討するだけで何もしない」総理大臣であった。だが、安倍晋三が暗殺されてからというもの、売国政策については一切の検討すらせずにスピード施行している。正に、売国政策を進めることで外国からの利権を得る行為に歯止めが効かなくなっている状況となっている。

岸田文雄が進める売国政策の中の一つに、「新型コロナワクチンの接種を継続する」というものがある。世界中で新型コロナワクチンの危険性が認識され、各国政府が国民に対する積極的な接種をやめている。にもかかわらず、世界の中で日本だけが新型コロナワクチンの接種を継続させている。そんな中、先日岸田文雄が「7回目の新型コロナワクチンの接種を行いました」というニュースが流れた。

岸田文雄は6回目の摂取のときも、「私も6回目の新型コロナワクチンを接種しました」という様子が報道された。

あらゆる点にてついて不誠実な岸田文雄の事となると、筆者は必ず何か裏があるのではないかと思ってしまう。読者のみなさまはマスコミが期待するように、「岸田首相も6回目、7回目まで接種したんだ!私も6回目、7回目を接種しよう!」と思うのだろうか?

そこで、6回目の摂取の時の写真と7回目の摂取の時の写真を比較したものを見てもらいたい。両方ともまるで、簡易スタジオで撮影したかのような光景である。後のパネルが微妙に違うが、まるで配置が同じである。最も驚くべきは、注射をしている女性と後ろで補助をしている女性がまるで同一人物のように見えるのが奇妙だ。

このように、何か疑問や疑いが生じた場合には、このような比較をしてみるのも面白いものである。


テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

TAG : インテリジェンスプロパガンダコロナワクチン岸田文雄

正しい「菌活」とはどういうものか?

菌と言うのは人類が誕生する前、地球が誕生した頃より地球に存在してきた。菌には様々な種類があり、様々な役割がある。人類は横暴にも、「良い菌、悪い菌」といったような分類を勝手にして、その存在を勝手に再定義した。そもそも地球に住んでいたのは人間よりも菌が先であり、その大先輩の存在に対して、「お前は良い奴だ。お前は悪い奴だ。」と決めつけることが如何に傲慢かわかるだろうか。

菌活」という謎の言葉が流行り、「良い菌、善玉菌を取って、悪い菌を追い出しましょう♪ ヨーグルトを食べましょう♪」といったようなことが言われたりしている。これこそ正に、菌の意味を誤解しており、本当の意味で人類にとって正しい「菌活」を理解していない。では、正しい「菌活」とは何かについて、説明しよう。

(以下よりご購読いただければ幸いである)
https://note.com/kagadazugudu/n/nd68ff318850e

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

TAG : インテリジェンスプロパガンダ菌活

イスラム教入門

世界三大宗教の一つであるイスラム教は今や世界中に18億人の信者がおり、世界中の人口の約3割を占めている。地球上で約3人に1人がイスラム教徒であるにも関わらず、イスラム教がどんな宗教かを知らない人は多い。しかも、日本ではイスラム教を誤った視点で紹介している専門家、言論人が多い。

イスラム教の基本的な解説についてご関心のある方は、下記よりご購読いただければ幸いである。
https://note.com/kagadazugudu/n/n7250b9b88321

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

TAG : インテリジェンスプロパガンダイスラム

世界の支配者たちが感染症対策と環境対策をゴリ推しするわけとは

人間は誰しも、支配欲がある。それは筆者も読者のみなさまも例外ではない。人間は意識しなければ、基本的には他者を奴隷支配したいという欲求に駆られてしまうのである。

一般的に男性は他者よりも社会的地位を求めると共に、他者よりも裕福になりたいと望む。自分が自由に社会的地位や豊かさを決定できるとなると、自分を最も社会的に高い地位に置き、自分がダントツに金持ちにするだろう。多くの男性が組織内でパワハラをすることで弱者を貶めて自己の地位の高さを堅持しようとするのは、正にこの支配欲の表れだ。

一方で、一般的に女性は他者よりも美しさを求めると共に、他者よりも裕福になりたいと望む。女性は幼少の頃より、誰が最も可愛くてみんなに注目されるかを競争する。支配欲が強い人ほど、自分よりも可愛くてちやほやされる女性の存在が許せない。如何にして自分が最も可愛いか、みんなに注目されるかを競争し、女性のピラミッドのトップに立つために、いじめや嫌がらせを日常的に行う。面と向かっていじめをすることもあれば、「あの子は可愛いけど、実はこんなに酷いことをしていて性格が悪いんだよ!」というような悪い噂を影で流すことでライバルを貶めて自分がピラミッドに立とうとしたりする。自分が最も可愛い/美しい地位を手に入れようとして、周囲から最も注目を集めたいとするのは、正に支配欲の表れだ。

この誰もが持つ支配欲を世界で最も権力と財力を持つ世界の支配者たちも当然に持っている。もしあなたが世界の頂点に立って支配欲を存分に発揮したら、どうするか?正にそれを世界の支配者たちは行動に表しているのである。

世界の支配者たちが最も忠実に行っていることは、自分たち以外の一般人を未来永劫、貧困層のままにし続け、決して自分たちの地位を脅かすような富や権力を有することがないようにすることである。その為に最も効果的なのが、世界中の人々を貧困化させる政策を実行し続けることである。近代ではそれが共産主義と言う形で、一般人を全て貧しく平等にする政策が実施された。現代ではそれは、資本主義という金の奴隷にするとともに、地球環境を破壊するための環境対策に巨額な無駄金を投資させ、一般人から重税によって調整した金で病気にしたり不健康にするための医療を永続的に受けさせることである。

世の中のプロパガンダに騙されないようにするためには、世界の支配者たちの思考パターンを理解することが、最も近道となるのである。




テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

TAG : インテリジェンスプロパガンダ支配欲ESGSDGs環境問題

国連がゴリ推しする環境問題、ESG、SGDsの裏に潜む恐怖の政策とは

国連という機関は、世界の支配者たちが世界中を独裁支配するための代理機関として設立された。設立当初は第二次世界大戦後に世界平和を謡ったことから、世界を平和に導く機関であると多くの人が錯覚した。

だが、近年ではその本性を現し、世界中を独裁支配する様々な種をまいている。その一つが感染症対策を口実にしたパンデミック条約であり、地球環境問題を口実にしたESGSDGsだ。

国連は何十年も前から、「地球環境対策は何よりも優先しなければならない地球全体の課題である」というプロパガンダを流し続け、生命の命の源であり、植物が生きていく上で不可欠な二酸化炭素を減らすことが何よりも重要だという自殺行為を最重要目標に掲げている。

2022年12月にエジプトのシャルムエルシェイクで開かれた第27回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP27)では、聖書で描かれる神が人間に最初に与えた道徳観念としての、「人の物を盗んではいけない」「人を殺してはいけない」などを教えを破棄し、「何よりも地球環境対策が重要であり、地球環境対策のためであれば、何をしてもかまわない」という宣言をしたのがCOP27である。

国連が掲げる地球環境対策では、公害対策はほとんど無視され、公害を垂れ流す企業が罰せられることはほとんどない。逆に、化石燃料という安いエネルギーを使うことを悪とされ、二酸化炭素を排出することを悪とされる。

現在のエネルギー技術では、化石燃料によるエネルギーが最もエネルギー効率が高く、有害物質をあまり排出しないという意味においても最も地球環境に優しい。逆に、太陽光発電や風力発電と言ったエネルギー技術は最もエネルギー効率が悪く、環境に与える悪影響が甚大であるにもかかわらず、これらは「再生可能エネルギー」とカテゴライズされ、国連によって推奨されている。まるで、「国連の指導に従って、高くて環境に悪いエネルギーを利用することで、貧乏になりながら地球環境を汚してください」という政策がESGSDGsという形で国連によって推奨されている。

世界の支配者たちは馬鹿ではない。世界の支配者たちはわかった上でわざと、このような政策を進めている。「地球環境を守ろう!」というスローガンを掲げながら、何故地球環境を最も汚し、生命の命の源である二酸化炭素を減らせという政策を掲げているかを、冷静に考えていただきたい。


テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

TAG : インテリジェンスプロパガンダ環境問題ESGSDGs