fc2ブログ

物理数学視点から思う最近の世界的な出来事について

世の中には絶対的な法則がある。手にリンゴを持ち、それを空中で話せば、地球上の重力が働いているために、手から離れたリンゴは地面に落ちる。この時のリンゴは空気抵抗がほとんどないため、物理学的には自由落下をするという表現をする。手に持ったリンゴを離せば、誰がどう理屈をこねくり回したとしても、「重力によってリンゴが地面へ向かって自然落下する」のであって、それ以外の説明をするのが難しい。

筆者はこの現象を物理学的視点から、「科学的な基礎知識があれば、手に持ったリンゴを手放せば、重力によってリンゴが地面に向かって自然落下するのは当たり前のこととしてわかる」という説明をする。

このリンゴの話における万有引力の法則の話と同じように、世の中には物理数学的に考えれば、「これはこうなるのが当然で、それ以外はありえない」と結論づけられることが多く、さらに、「これがこうなることなんて、絶対にありえない」と説明できることはたくさんある。

世の中には嘘の科学が蔓延している分野も多くあり、純粋に科学的に正しい分野は今や、究極的には物理数学の世界だけなのではないだろうかと思うことすらある。それの顕著なのが医学薬学分野であり、一部の工学分野、例えば、「太陽光パネルはエコだ」とか、「風力発電は持続可能エネルギーだ」といったような嘘のプロパガンダで塗り固められた世界だ。

無理を通すと道理が引っ込むという言葉があるが、物理数学の絶対法則からすれば、世の中にはこの類のものであふれかえっている。先のリンゴの話を説明するときに、「二酸化炭素が増えたからリンゴが落ちるようになったんだ!二酸化炭素が増えると地球温暖化を引き起こすだけでなく、万有引力の法則さえ破壊されるんだ!二酸化炭素を減らさなければならない!!!」などと言われたら、あなたはどう思うだろうか。たった一人の気が狂ったような感じの人が言っているだけなら、「何を言ってるんだ・・・馬鹿だな」で終わるかもしれない。だが、テレビに出てくる何人もの専門家がそれを言い始め、テレビに一緒に出ているタレントやアナウンサーなどが「そうなんですか!なるほど!そうですよね!」と言い始め、街中のほとんどの人々が「二酸化炭素を減らさなければ万有引力の法則が破壊されて地球が崩壊する!」と言い始めた時、あなたはどう思うだろうか?あなた以外のほとんどの人が「二酸化炭素を減らさなければ万有引力の法則が破壊されて地球が崩壊する!」と言い始めた時、あなたは正気を保って、「リンゴが落ちるのは万有引力の法則があるからであって、二酸化炭素とは関係ありません。二酸化炭素が増えようが減ろうが、万有引力の法則に影響はないので、そんなことで地球は崩壊しません。」と冷静に返答することができるだろうか。

筆者はこれと似たような感覚に陥ることが日常的に頻繁にあるのだ。一番ショックが大きかったのはやはり、新型コロナウイルスが蔓延した時と、新型コロナウイルスには新型コロナワクチンだ!と言い始めた時だ。

世の中で無理を通すとき、多くの人が「科学を知らないのか!科学的に根拠に則れば・・・」といって、非科学的なでたらめを離し始めたりする。そんな違和感をこれからも筆者は冷静に指摘し続けていきたいと思うのである。




スポンサーサイト



テーマ : 数学や物理学からの視点 - ジャンル : 政治・経済

TAG : インテリジェンスプロパガンダ物理学的視点科学法則

物理数学シリーズ②:物理学者からみた現代医学の致命的な問題

物理数学ほど、習得するのが困難な学問はないように思う。筆者は学生時代も卒業後も様々な分野を勉強してきたが、やはり物理数学の難しさは圧倒的だと思うのだ。物理数学の分野では、「天才でなければ理解できないのではないか」「天才でも理解できないほど難解なのではないか」と未だに思うような分野が多い一方で、現代医学はどんな馬鹿でも暗記すれば対応できるマニュアルのような分野になっているように感じる。それを考慮すると、現代医学のレベルの割には医学部のレベルの設定がおかしい。正に、学歴偏差値プロパガンダによって、「医学は最も難関で価値が高い」と思われており、「医学部を卒業して医者になれば確実に金持ちになれるから医学部の価値が高い」と思われる節があるが、理系の中で医学が最も難解で価値が高いかどうかは大変怪しい。

今回は物理学者から見た現代医学の致命的な問題について話したいと思う。この考え方は、われわれ素人が医学をどのように考えれば良いかという考え方にとどまらず、医学を志す方に対しては医学に対する向き合い方を指し示す者でもある。そして、医学の素人が自分に合った良い医者を探すための考え方にもなるので、そのあたりに関心がある方にも参考になればと思う。なお、今回の話は量子力学の考え方ともとても深くかかわるので、是非、過去の記事も併せて、下記のURLからお読みいただければ幸いである。

https://note.com/kagadazugudu/n/n4199023c47b2



テーマ : 数学や物理学からの視点 - ジャンル : 政治・経済

TAG : インテリジェンスプロパガンダ現代医学対処療法

物理数学シリーズ①:物理学者から見た日常生活の基礎や思想信条の基礎は量子力学にある

数学や物理を日常生活に活用できればとても有益である。
今回から「物理数学シリーズ」として、様々なテーマを取り上げていこうと思う。
本講座の趣旨は別の記事に記載されていただいたが、専門的で難しい話はせず、大胆に簡略化をしてイメージで理解できるように説明する。
なので是非、数学や物理が苦手な人にこそご覧いただければ幸いである。


今回取り上げるテーマは「量子力学」だ。
有名なところで言えば、アインシュタインの相対性理論の基礎となる物理学の分野で、誕生してまだ100年ほどしか経っていない。
この物理学分野は、西洋系の学問では否定されてきたこと、東洋系の学問では当然に存在することを前提とされてきたことを、実際に存在することを証明した、凄い学問である。
例えば、以心伝心や物質と精神をつなぐ世界について、物理学によって証明してしまったといえる。
だが、量子力学の難しさゆえに、量子力学を学んだものでさえ、その凄さをあまり理解できていないように思う。
今回はそんな量子力学について、大胆に平易に簡略化して説明したいと思う。

是非、下記のリンクよりご購読いただければ幸いである。
https://note.com/kagadazugudu/n/nd759635b1c7b

テーマ : 数学や物理学からの視点 - ジャンル : 政治・経済

TAG : インテリジェンスプロパガンダ数学物理学量子力学